2016年05月19日

HP社および㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)は、業界最大の3D付加製造カンファレンス「RAPID」で、業務用3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を発表した。

 

HP Jet Fusion 3D 4200 Printer

HP Jet Fusion 3D 4200 Printer

「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、既存の3Dモデリングと比較して、高い品質のパーツを最大10倍のスピードと半分のコストで生産することができるもの。

また、ボクセル単位で必要な特性を持たせたパーツをモデリングすることが可能なので、将来的には異なる特性を持つパーツを組み合わせた成果物のマスカスタマイゼーションを実現できる。

 

HP社で3Dプリンティングビジネス担当プレジデントを務めるスティーブ・ナイグロ氏は「HPの3Dプリンティングプラットフォームは、1点の線から積層するモデリング方法と異なり、1秒間で3億4000万以上のボクセルを造型できる能力を備え、プロトタイプや最終製品の製造において、モデリング速度の著しい向上と必要な特性を持たせたパーツの造型、高い経済性を提供する。スピードと品質、高い経済性のすべてを兼ね備え、企業は設計方法からサプライチェーンの仕組みまでを、根本から見直すことができる」と述べている。

 

今回は、3Dプリンター2機種を提供する。

「HP Jet Fusion 3D 3200Printer」は、プロトタイプ製作に適したモデル。

生産性とモデリングサイズを向上させたことにより、成果物のコストを抑え、幅広い用途に利用することができる。

一方の「HP Jet Fusion 3D 4200Printer」は、プロトタイプ製作と小ロットの最終製品の製造ニーズに対応できるよう設計されているモデル。

成果物のコストを最小限に抑え、高い生産性により即日対応を実現する。

 

なお、日本国内での販売開始は平成29年後半を予定している。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP