2016年05月16日

藤井理事長

藤井理事長

宮城県印刷工業組合(藤井治夫理事長)は5月12日、仙台市青葉区の江陽グランドホテルで「平成28年度通常総会」と「創立60周年記念式典」を開催した。式典では組合発展に尽力した功労者を表彰するとともに、阪神・淡路大震災から飛躍した高橋泉氏(㈱レック社長)による記念講演会、スペシャルメンバーによる演奏が披露された記念祝賀会を通じて、組合ならび印刷業界のさらなる未来への発展に向けて、決意を新たにした。

 

 

 

 

組合功労者を表彰した

組合功労者を表彰した

総会では全日本印刷工業組合傘下の団体47都道府県工組のうち、宮城県印工組のみが組合員数の純増が果たせたことを報告するとともに、役員改選の件ならび第1回理事会では藤井治夫理事長を再任。次年度も組合員の結束を強化すると同時に新たな仲間を増やすことで組織拡充に努めるとした。

 

記念式典では組合発展に尽力した功労者ならび永年勤続優良社員を表彰。記念講演会では「神戸からの飛躍、オンリーワン企業を目指して」を題に高橋泉氏(㈱レック社長)が、阪神・淡路大震災から立ち上がった、自社の事業戦略や社員教育を語った。

PAGE TOP