2016年05月10日

総合人材サービスの廣済堂HRベトナム(廣済堂100%子会社、ベトナム社会主義共和国・ホーチミン市、根岸千尋社長)は4月27日、ハノイ市で日本語教育事業を行うZEN日本語学校(社名:ZEN Joint Stock Company)の全株式の75%を取得する株式売買契約を締結し、資本提携した。これにより、昨年12月のYUKI日本語学校の株式100%取得に続き、ベトナムで2校目となる日本語学校の経営を開始する。

 

ZEN日本語学校はハノイ市Tay Ho区に位置し、ベトナム人に対する日本語教育、留学コンサルティング、日本人に対するベトナム語教育を行っており、丁寧な教育に定評がある。このたびの資本提携により、廣済堂HRベトナムは、ZEN日本語学校が培ってきた語学学校の運営ノウハウや留学コンサルティングノウハウなどを獲得する。

 

廣済堂HRベトナムは、2013年から在ベトナムの日系企業に向けて、人材紹介サービス、EQ適性検査、人材教育研修、福利厚生コンサルティングなどをワンストップで提供し、総合的な人材サービスを展開している。今後2校の日本語学校の運営を通じて、ベトナム国内における事業の拡大を図ると同時に日本国内における廣済堂の人材サービス事業と連携し、ベトナムならびに海外の優秀な人材を日本国内に、国内の人材を海外に紹介するクロスボーダー人材の採用・育成にも取り組んでいく。

 

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP