2016年04月12日

KOMORI陸上競技部納会

KOMORI陸上競技部納会

㈱小森コーポレーション(持田訓社長)は、4月5日午後7時から千葉県柏市の「ザ クレストホテル柏」で、「KOMORI陸上競技部納会」を、同社幹部・社員、後援会関係者、陸上競技部OBら80人余りを集め開催し、監督、スタッフ、選手を慰労するとともに激励した。

 

 

28年度のチーム目標は、①全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)8位②東日本実業団対抗駅伝5位③十和田八幡平駅伝優勝――。

 
小森会長はあいさつの中で、「今年は新たな戦力となる若い有望な選手が2人入ってきた。ぜひ今年は一体となって昨年度の悔しさをばねに、良い成績で終わっていただき、来年の納会では良い成績の発表をしていただきたい。会社としても全面的にバックアップしてまいりたい。素晴らしい能力を持った選手ばかりであるので、それを発揮していただき活躍を期待している」と激励した。
乾杯の発声に際し持田社長は「ニューイヤー駅伝の順位は24位だったが、10位とそう記録は変わらない、もう少しである。全員が新たに挑戦するつもりで8位以内を目指してほしい。みなさんならできると思っている」と述べた。

 
平成27年度駅伝の結果は、十和田八幡平2位、東日本実業団対抗11位、ニューイヤー24位という成績となったが、本川一美監督は「今年度は今まで以上に強化していきたい。昨年、しっかりと走り結果を残してくれた選手もいる。個人の強化は着々と進んでいると思う。これをどうにかしてチームの結果に結び付けたいと考えている。これには皆さんの応援が必要不可欠で、しっかりと後押しをお願いしたい」と語った。

 
新入部員は、金森寛人(拓殖大学出身)、佐久間祥(亜細亜大学出身)の2選手。

 

 

PAGE TOP