2016年04月22日

田中志佳部長

田中志佳部長

㈱SCREENグラフィクアンドプレシジョンソリューションズ(SCREEN GP、馬場恒夫社長)は、2016年5月31日から6月10日までドイツ・デュッセルドルフで開かれる世界最大の国際総合印刷機材展「drupa2016」に「Achieve the Extraordinary in Print」をテーマに出展する(ホール8a)。同社の技術開発コンセプト「SCREEN GPi3」を軸に、これまでの印刷に対する既成概念を変えていく最新のソリューションを提案する。4月21日の記者会見で、同社の田中志佳GA統轄部第一営業部長が「SCREENグループの展示内容について」と題して説明した。

 

消費者の嗜好がますます多様化する中、ビッグデータやIoT、マーケティングオートメーションなどを駆使した「インダストリー4.0」時代が到来しようとしている。同社のユニバーサルワークフロー「EQUIOS」はこうした印刷の新たなニーズに対応する。会場ではインダストリー4.0時代を切り拓く新たな提案が体感できる。

 

drupa2016に向け特設サイトhttps://sp.screen-gp.com/drupa_j.html)も公開した。

 

ソリューションプラットフォーム「EQUIOS」は、「EQUIOS ART」と「EQUIOS UX]とで構成される。
EQUIOS ARTは、SCREENのさまざまな印刷技術関連製品で、高い品質性能を実現する技術の総称である。
同社独自のRIP、画像処理技術、カラーマネジメント技術など常に印刷物に最適なイメージを生成する。
EQUIOS UXは、Web2Printから印刷・後加工までの印刷工程全般において、アプリケーションに応じた親しみやすい操作性や反復する雑多な作業の自動化のほか、今後普及が期待されるIoTを駆使したシステムとも連携し、高品質・髙生産性、および安定した印刷システムを可能にする。
drupa2016では、EQUIOSを中心に、Web入稿システム、後加工機と連携した小ロットブックソリューション、暗号化技術を活用したセキュリティーラベルソリューション、マーケティングオートメーションなどと連動したOne to Oneダイレクトメールの制作ソリューションなどを紹介する。

 

▽商業印刷ゾーン:TruepreesJet520HD
デジタルマーケティングの急速な発展により、e‐mailやSNSを通じてWebに顧客を呼び込むOne‐to‐Oneマーケティングが注目されている。
そうしたニーズに応えるため、「Truepress Jet520HD」を中心に、一人ひとりの顧客に向けたパーソナライズDMやパーソナライズカタログの制作をデモンストレーションを交えて紹介する。HDの最新バージョンは、毎分120㍍から毎分150㍍にスピードアップし、、25%の生産性向上を実現している。
EQUIOSをソリューションプラットフォームとしてデジタルマーケティングと連動させ、生産性、品質を活かしたバリアブル商品カタログの制作ソリューションを紹介。
無線綴じ製本ラインと連携したサイズ・ページ数の異なる無線綴じブックの制作ソリューションも紹介する。

 

▽出版・トランザクションゾーン:TruepressJet520HD
インターネットによる書籍オーダーの増加や、在庫レスニーズへの対応として、在庫レスを実現する書籍制作ソリューションを無線綴じ製本ラインと連携、サイズやページ数の異なる多種多様な書籍を効率よく制作する。ジョブページ長は従来の2倍の54インチまで対応可能。
連帳機が得意としていたトランザクションの新 ソリューションについても紹介する。

 

▽高付加価値ラベルゾーン:TruepressJet L350UV/JetConverterL350
製品の偽造被害防止や安全・安心への取り組みの面から、ラベルによる個体認識のニーズやデジタルマーケティングへの活用に期待が高まっている。世界最高レベルの高生産性、高画質を実現する「TruepressJet L350UV」とその指令塔の「EQUIOS」を中心に、商品ごとに異なるバーコードをフルカラーバリアブルで対応するラベル制作ソリューションを紹介する。新たなラベルがブランドプロテクション(製品認証/偽造防止)やトレーサビリティへの要求に応える。
MISとの連携では、Web受注からラベル用の印刷データ生成まで自動化をさらに拡大する。
品質面では「EQUIOS ART」の新機能として搭載予定の最新特色変換エンジン(参考出品)により、細かな特色グラデーションによる高い色再現性を実現する。

 

▽インストアプロモーションゾーン:TruepressJet W3200UVⅡ
デジタルマーケティングの普及により、商品の多様化が一層進み、POPディスプレーにも高品質でスピーディーな対応が求められている。
drupaには大サイズ、高生産性、高品質を兼ね備え、リジッド・ロールにも対応したワイドフォーマット印刷機の最新モデル「Truepress Jet W3200UVⅡ」を出展。POP、ストアデコレーション、バックリット、サイネージなどのさまざまな店舗装飾や屋外広告に幅広く対応する。
SCREENとInca digitalが誇る最新鋭の技術を融合し、業界トップクラスのスピードを実現し、生産性がさらに向上した。
最高印刷速度毎時184平方㍍を実現したワイドフォーマット印刷機の最新モデルである。

 

▽プロセスオートメーションゾーン:TRUST Network Service
SCREEN製品のアップタイムの最大化を目的に、IoT技術を活用した最先端のサービスを提供する。「TRUST Network Service」は、装置の状態や稼働状況をリアルタイムに遠隔管理し、収集されたビッグデータからシステムトラブルを未然防止するだけでなく、システムの稼働率アップの運用提案まで実現する。

 

▽新規事業領域ゾーン
印刷業界で長年培った、同社のコア技術である画像処理技術を印刷以外の事業領域へ応用展開した製品を紹介する。
スキャナーの画像入力技術は創薬・再生医療研究を支える細胞解析スキャナーへ、CTPなどの直接画像描画技術は、電子製品に必要な回路基板生産を支えるプリンテッドエレクトロニクスへ、また検査装置を応用した画像解析技術は、自動車産業で使用される鍛造部品外観検査装置へと応用展開している。
創業の起点となった画像処理技術を軸に、新領域への挑戦を続けていく。

 

 

PAGE TOP