2016年04月21日

キヤノンヨーロッパがdrupa2016の出展概要を発表した。

ブースはホール8aスタンドC06に位置し、3052平方㍍の規模で出展する。

 

「♯UNLEASHPRINT(印刷の力を解き放つ!)」をテーマに掲げ、キヤノンとオセの製品力、提案力、サポート力により、変化する印刷の可能性をビジネスモデルにあわせて紹介する。

7つの市場セグメント(商業印刷、トランザクション・DM、出版、広告・クリエイティブ、工業印刷・3D印刷、パッケージ、フォト)に分けて、セグメントごとのトレンドや事業革新、ユーザー事例などを紹介し、キヤノンのソリューションによるビジネスモデルの構築をサポートする。

デモンストレーションゾーンでは、7つの市場セグメントごとに各アプリケーションを実際に製作する実演をしながら、入稿、印刷、加工におよぶデジタルソリューションを提案する。

また、世界初出展となるインクジェット方式の業務用高速連帳プリンター「Oce ColorStream6000Chroma」をはじめ、インクジェット方式の業務用高速連帳プリンター「Oce ImageStream2400」やインクジェット方式の業務用高速枚葉プリンター「Oce VarioPrint i300」なども展示する。

 

同社の主な出展製品は次のとおり。

▽「Oce ColorStream6000Chroma」【世界初出展】

「Oce ColorStream3000Z」シリーズのアップグレード機。

Tecnau社の「Zero Speed Splicer u40」「Libra One」と組み合わせ、完全自動化されたオンデマンドブックソリューションなどを実演する。

 

Oce ImageStream2400

Oce ImageStream2400

▽「Oce ImageStream2400」

オフセットコート紙にも対応したインクジェット方式の業務用高速連帳プリンター。

マスカスタマイゼーションに即したカタログ製作などを実演する。

 

▽「Oce VarioPrint i300」

「Oce ColorStream3000Z」シリーズと「Oce VarioPrint6000」シリーズの技術を掛け合わせたインクジェット方式の業務用高速枚葉プリンター。

用紙対応力と画質が向上するオプション「ColorGrip」や、色域・再現性が向上した新しいインクセット、新しい後加工機との連結などを実演する。

imagePRESS C10000VP

imagePRESS C10000VP

 

▽「image PRESS C10000VP」

昨年9月に国内発表したトナー方式の業務用高速枚葉プリンター。

ワークフローシステムやサードパーティー製後加工機との連携を実演する。

 

 

 

PAGE TOP