2016年04月23日

日本印刷産業連合会は、5月11日午後3時から東京・新富の日本印刷会館2階大会議室で、印刷業界の「容器包装リサイクル法への対応状況」に関する報告会を開催する。参加費は2000円。定員120人。

 
平成25年度から始まった容器包装リサイクル法の見直しの状況について、経済産業省の所管部署から講師を招いて話を聞くとともに、日印産連が実施した平成27年度印刷業界の「容リ法対応状況の実態調査」「事業者による3R推進」の状況や事例などを説明する。

 
テーマ名、内容、講師は次のとおり。
テーマ1「容リ法の見直し結果について」

講師=井出大士氏(経済産業省産業技術環境局リサイクル推進課容器包装担当課長補佐)

テーマ2「再商品化実施状況と3R実施事例について」

講師=植松正浩氏(日印産連・容リ法対応WG委員、凸版印刷㈱生活・産業事業本部事業戦略本部担当部長)

 

 

申込・問合先=日印産連事務局、電話03・3553・6051

 

 

PAGE TOP