2016年04月13日

アグフアグラフィックスがdrupa2016の出展概要を発表した。

 

 

「WE EMBODY PRINT」を出展テーマに、幅広い分野のソリューションを紹介する。

 

 

同社のステファン・ヴァンフォーレン社長は、「印刷業界における真の世界的リーディングカンパニーとして、商業印刷、新聞印刷、パッケージ印刷、産業用途に向けた革新的な製品を発表するので期待して欲しい。当社の製品開発のコンセプト“ECO3(エコキューブ=eco-friendly:環境にやさしく、economical:経済的、extra convenient:高い利便性)”の下、環境配慮だけにとどまらずコスト削減と利便性を加える事でさらに一歩進んだソリューション製品を商業印刷および新聞印刷業界に提供する」と述べている。

 

 

同社の出展場所はホール8AのB62で、2080平方㍍の広さでブースを展開する。

 

同社の主な出展製品は次のとおり。

 

 

【商業印刷分野】

▽アズーラTU VLFプレート(新製品)=ケミカルレスプレートが超大判サイズにも対応

▽アズーラCX150(新製品)=最大150㌢㍍幅のプレートに対応するアズーラ用ガム洗浄装置

▽アズーラTEプレート=検版できる機上処理プレート

▽アバロンN8-90(新製品)=高品質に対応する菊全判CTPの最新モデル

▽エナジーエリートEcoプレート(新製品)=ポジサーマルのエナジーエリートシリーズに省液タイプを追加

 

【新聞印刷分野】

▽N95-VCFプレート=新聞印刷用バイオレットタイプ・ケミカルレスプレート

▽アッティロVHS=N95-VCFプレート用ガム洗浄装置

▽アドバンテージN-PL(新製品)=毎時400枚の高速出力を実現する新聞用CTP

▽アドバンテージNエッセンシャルス(新製品)=コストパフォーマンスを追求したコンパクトタイプの新聞用バイオレットCTP

 

【ワイドフォーマットインクジェット分野】

▽ジェットアイMira2716/2732

6色(C・M・Y・K・Lc・Lm)+白出力に加えてプライマー出力も対応でき、高いインク密着を実現するUVインクジェットプリンター

▽ジェットアイTauro H2500

2・5㍍対応、最高毎時275平方㍍を誇る6色(C・M・Y・K・Lc・Lm)出力に対応するハイエンドなハイブリッドUVインクジェットプリンター。

新製品の自動給版装置および排版ユニットでの自動化により大量出力処理を実現。

▽アナプルナM2500i

多様なアプリケーションに柔軟に対応する6色(C・M・Y・K・Lc・Lm)+白インク出力が可能な、2・5㍍幅対応の大判インクジェットプリンター。

マルチレイヤー印刷機能により、5層/7層印刷に対応。

▽アナプルナ3200i RTR

高い印刷品質を保ちながら、最新のヘッドテクノロジーにより生産性を大幅に向上させた3・2㍍幅対応の高速・高品質のロールメディア専用UVインクジェットプリンター

▽アコルタ3120HD(新製品)

印刷領域とカットマークを自動で検知する120㍉厚までのメディアに対応したカッティングマシン

▽アサンティ3・0(新製品)

アグフアのワイドフォーマットインクジェットプリンター専用ワークフロー型RIP。

印刷データチェック、後加工用マーク配置、カット機マークの配置などの事前作業を自動化し、生産性の大幅向上を実現し、カット機との連携もスムーズにできる。

 

【ソフトウエア・クラウドソリューション分野】

クラウドシステムを利用した世界初のワークフローソリューションを紹介する。

自社でデータセンターを保有・管理することで万全のセキュリティを提供。

クラウドを利用することでサーバー管理にともなうコストや光熱費、設置場所や管理業務を軽減でき、リスクマネージメントをクラウドセンターが担うことで自社生産作業の効率化を実現できる。

クラウドソリューションはPDFプリプレスワークフロー「アポジー」ほか、幅広い分野の製品をラインアップしている。

▽アポジー10(新製品)

最新アドビコアテクノロジーを搭載した商業印刷向けJDFベースワークフロー最新バージョン

▽アーキテックスプロダクション2・0(新製品)

新聞印刷向けに特化した全自動ワークフロー最新バージョン

▽プリントスフィア(新製品)

印刷会社・制作会社・クライアントがオンラインでデータの送受信と管理が行えるクラウドベースのSaaSソリューション

アポジーやアーキテックス、アサンティ、ストアフロントとも自動連携可能

▽エヴァーシファイ

新聞・雑誌のデータをモバイル向けに音声、ビデオ、アニメーションなど多様化するコンテンツに変換可能なクラウドベースのSaaSソリューション

▽ストアフロント3・0

印刷会社専用クラウド型受注業務支援システム

 

 

【産業用印刷分野】

ガラス印刷向け高濃度黒インク、金属印刷用銀インクなど自動車産業や建材、ボトル印刷、そして食品パッケージ向けローマイグレーションインク(低浸透性インク)などさまざまな用途に広がる同社製UVインクの活用を紹介する。

 

【パッケージ印刷分野】

ホール12 のTouchpoint Packagingブースで、パッケージデザイン、プロダクション、認証、パーソナライズ機能向けソリューションを紹介する。

 

PAGE TOP