2016年04月11日

「避難所サポートセット」

「避難所サポートセット」

「遊んで学ぼう!みんなのマークカルタ」

「遊んで学ぼう!みんなのマークカルタ」

全日本印刷工業組合連合会が実施した「第9回メディア・ユニバーサルデザインコンペティション」の受賞作品が決まった。

経済産業大臣賞には一般部門で「避難所サポートセット」、学生部門で「遊んで学ぼう!みんなのマークカルタ」がそれぞれ選ばれた。

応募総数は275点(一般76点、学生199点)。

MUDとは、フォント・色・デザインの使いかたを考慮し、障害の有無や年齢、性別などに限らず、あらゆる人にとって使いやすいデザイン。MUD協会は全国的なMUDの品質管理および製作等のバックアップを行うとともに、普及・啓発に努める一環として、コンペティションを開催してきた。

第9回の開催結果について、審査委員長を務めた伊藤啓氏(東京大学准教授)は次のように講評を述べている。

「応募点数が前回を上回っただけでなく、一般の部ではすでに製品として市販化されている作品が複数入賞するなど、MUDの概念が社会に浸透し始めていることが伺える。
今回も防災関連・外国人への情報提供関連作品の応募が多かったが、訪日外国人客の増加や4月から施行された『障害者差別解消法』など、MUDが果たせる役割や必要性は大きくなってきたといえるだろう」

経済産業大臣賞を受賞した「避難所サポートセット」は掲示板POPやスペース分けテープなどを、アイコンや視認しやすい配色でまとめた、災害時で避難所に設置する側、利用する側にも便利なサポートセット。
「遊んで学ぼう!みんなのマークカルタ」は、身体障害者標識や耳マークなど、街で見かけるマークをカルタにすることにより、遊びのなかで楽しくマークの知識を身に付けてもらい、障害をもつ人への意識を高めてもらうものとなっている。

表彰式は5月24日、東京・港区のアジュール竹芝で開かれる全日本印刷工業組合連合会通常総会の席上開催する。

〈経済産業大臣賞〉
一般の部「避難所サポートセット」(大阪シーリング印刷㈱)
学生の部「遊んで学ぼう!みんなのマークカルタ」(静岡デザイン専門学校、徳久友希)
〈優秀賞〉
一般の部「色と形でマッチング『安心・楽々座席誘導』」(㈱新聞印刷)、「アイコンで本を探そう!」(大阪シーリング印刷㈱)、「2016 Super Form カレンダー」(三郷コンピューター印刷㈱)
学生の部「外国人に考慮した食券販売機とその案内の提案」(大阪市立デザイン教育研究所、中西有紀)、「KOKORO NOTE.」(大阪市立デザイン教育研究所、川浦悠花)、「バスの乗り方ピクトグラム」(専門学校浜松デザインカレッジ、鈴木里菜)

イベント-関連の記事

PAGE TOP