2016年04月06日

経営本科は1年新入社員研修は3週間学ぶ

経営本科は1~2年新入社員研修は3週間学ぶ

日本プリンティングアカデミー(東京都文京区、浅野健理事長、猪股康之学校長)は4月5日、同校校舎で「第39回入学式」を開き、経営本科5人、新入社員支援コース18人、計23人の新入生を迎えた。

 

入学式には新入生の父兄ほか、業界関係者が多数出席。

 

浅野理事長は「印刷産業は今が面白い」と語り、次のように新入生へ向けたエールを送った。

 

「若さの定義には2つある。現状に満足しないこと、もう一つは自分で現状を打破しようとすることである。どんな道を進んでもうまくいかないことはある。印刷産業の何が面白いかは、この学校、そして社会に出てから経験して欲しい。我々と一緒に印刷を楽しもう」

 

続いて、猪股学校長が同校の教育理念・基本理念を伝えるとともに、「皆さんを当校に送り込んでくれた自社に対して誇りと感謝の気持ちを持ってもらいたい。そして、1日1日の学びにチャレンジしてもらいたい」

 

 

PAGE TOP