2016年03月07日

中山進会長

中山進会長

西日本オフ輪技術交流会(中山進会長)は、2月27日午後、大阪・都島区の大阪印刷会館で第21期総会並びに第40回冬季研修会を開催した。総会では中山会長ら全役員の留任を承認した。

 
総会に先立ち中山会長が次のようにあいさつした。
「当会設立時の20年前、約8・5兆円あった印刷総出荷額が、2015年には約5・4兆円と約6割に減った。このような情勢下では、お互いに学び、苦労を分かち合い、励ます場が必要と思うが、オフ輪の現場で働く仲間の多くが、その機会を手にできない状況にある。当交流会は、技術を学び、情報を共有し、人脈を広げ、会員・賛助会員企業の発展に寄与することが目的。現場で働く仲間の参加を増やし、交流の輪を広げたい」

 
総会は山南信太郎氏(富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ㈱)を議長に選出し議案審議に移り、第1号議案=実施事業並びに会計報告、第2号議案=任期満了に伴う役員改選、第3号議案=新年度事業計画並びに予算案などを審議し、いずれも原案どおり承認可決した。

 
第21期は研修会・見学研修会(年3回)、会報の発行などの事業を実施する。見学研修会については6月11・12の両日、王子製紙㈱富岡工場で開催予定。

 
また第40回研修会では、ウエノ㈱印刷技術顧問の奥田要三氏を講師に迎え、「『オフセット輪転印刷の品質管理』~なぜオフ輪印刷にこそ標準化が必要なのか~」のテーマで話を聞いた。

 
〈新役員〉
会長=中山進(関西共同印刷所)
副会長=木南清志(大和美術印刷)
幹事=内村俊一(王子ホールディングス)、久保国幸(T&K TOKA)、山南信太郎(富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ)
会計=小谷龍造(大興印刷)
監査=浅尾栄次(テクノロール)
参与=中島英昭(オフセットクリーン)

 

 

PAGE TOP