2016年03月23日

日本印刷産業連合会(稲木歳明会長)は、Webで無料公開中の『印刷用語集』(URL:http://www.jfpi.or.jp/webyogo/)を、スマホ環境での最適表示を可能にした画面を作成、3月14日から公開した。

 

用語検索に関しては、スマホからの利用が急増していることから、スマホ対応により、印刷産業の理解促進につなげたいとしている。

 
日印産連は、昨年6月に設立30周年記念事業として『Web版印刷用語集』を公開し、昨年12月には、経営・CSRカテゴリーを追加して内容の拡大・充実をはかった。これにより、技術用語中心で印刷に深く関わる人を中心とした内容に加えて、一般で印刷に興味のある人などにも役立つ情報を提供している。
 
その後も、印刷業界紙のカテゴリー追加など印刷産業周辺の情報も提供していくことにより、月あたりの平均訪問者数は1万6000人、平均閲覧ページ数は約5万ページを超えている。
 
このうち、スマホからのアクセスは急増しており、2月は全体の約20%がスマホからのアクセスとなっている。今後もスマホからの利用者が大幅に増加することが見込まれており、スマホで見やすい画面を提供するととに、タイムリーな検索が容易にできる、使い勝手のよい印刷用語集をめざしている。今回作成したスマホ対応画面は、①用語解説の情報量をそのままに、スマホに最適化したレイアウトで閲覧可能②スマホでも、「PCサイト」リンクでパソコン版の閲覧が可能。

 

 

PAGE TOP