2016年03月22日

米国・イーストマン・コダック社は3月15日、Prosperプレスプラットフォーム、Prosper Sシリーズインプリンティングシステムやその他関連製品を含めたエンタープライズインクジェット事業について、事業売却に関する協議を候補先と進めていると発表した。

 

同社のジェフ・クラークCEOは、「Prosper事業にはさらなる成長の可能性が十分にある。この可能性を十分に引き出すには、デジタル印刷市場に販売ルートを持つ有力企業に売却するのが最善であると判断した。これまで、Prosper事業については複数の企業およびその財務担当者から関心が寄せられているが、Prosper事業への投資は売却交渉期間中も継続する」と述べている。

 

 

また、シルバーメタルメッシュタッチセンサー事業について、これまで銀と銅の双方のメタルメッシュテクノロジーを進化させた結果、今後は銅に注力することを決めた。

シルバーメタルメッシュの開発は中止するが、タッチスクリーンセンサーのメーカー向けの銀塩フィルム供給は継続する。

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP