2016年03月17日

大日本印刷、大手音声ソリューションプロバイダーである米国ニュアンス・コミュニケーションズの日本法人、ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンと提携し、スマートフォンの音声入力機能で簡便かつ安全に本人認証が行える声紋認証サービスの開発を開始する。同サービスは、ニュアンスの声紋認証技術とDNPの情報セキュリティのノウハウを組み合わせたもので、2016年12月のサービス開始を予定している。

 

スマートフォンの普及とともに拡大するインターネット会員サービスでは、IDとパスワードによる本人認証が一般的。しかし多くの生活者が同じIDとパスワードを複数の会員サービスで使用しており、一つの会員サービスからIDやパスワードが漏洩すると、本人以外が“なりすまし”により不正ログイン等を行う被害が複数の会員サービスに広がる恐れがある。一部のインターネットバンキングが本人認証の安全性を高めるために導入している乱数表やワンタイムパスワードについては、ログイン用に常に携帯する必要や、厳重に保管する手間がかかるため、その利用は限定的である。

 

これに対して今回DNPは、ICカード関連の事業や、オンラインショッピングにおける3-Dセキュアに準拠した本人認証サービスなどで培った情報セキュリティのノウハウと、世界で実績のあるニュアンスの声紋認証技術を組み合わせて、人の声を本人認証用データに用いることで利便性と安全性を高めた声紋認証サービスを開発する。

 

声紋認証サービスは、一人ひとりの声の特徴を抽出してパターン化した“声紋”を認証用データとして利用する生体認証サービス。

声紋をあらかじめ登録しておき、スマートフォンアプリのログインや取引などで本人認証を行う際に、スマートフォンのマイクに向かって発声すると、その声の声紋と登録された声紋を認証サーバーが照合し、会員本人かどうかを判定。生活者は、声紋認証サービスにより、パスワードの保管や入力の負荷が軽減できる。

話す言葉を決めなくても認証は可能なため、録音対策として毎回変わる言葉を読み上げてもらうことで、漏えいのリスクを軽減できる。特定の言葉の場合にのみ認証するというオプション機能もある。

 
 
○3-Dセキュア オンラインショッピングのカード決済時にカード番号などを入力すると、カード発行会社の認証画面が表示され、カード会員が事前登録したパスワードを入力して本人認証を行った上で決済を完了させる仕組み。

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP