2016年03月11日

コダックはdrupa2016で“Science to Create”をテーマに新製品・新技術を一堂に発表する(第5ホール、ブース番号F09)。ドイツ・デュッセルドルフのメッセ・デュッセルドルフで開かれたプレdrupa2016インターナショナル・メディア・カンファレンスの初日2月29日のプレゼンテーションで明らかにした。

 

160229 KODAK

“Science to Create”をテーマにしたKodak社プレゼンテーション

 

コダックは、これまでのdrupaでも数々の技術革新を発表してきたが、今年はプロセスフリープレートの新製品を発表する。KODAK SONORAプロセスフリープレートのユーザーが世界で3000社を突破した今、UV印刷アプリケーションの厳しい要求にも応えられるプレートを市場に導入する。

Kodak_Sonora plate

KODAK SONORAプレート

 

drupa2016ではつぎのような新製品も発表する。

 

KODAK AQUA-IMAGEプレスルームケミカルは、生産現場での条件変動を抑え、パフォーマンスをさらに向上させる。
KODAK ELECTRA MAXサーマルプレートとKODAK LIBRA VPデジタルプレートは、商業印刷および新聞印刷向けのプレート。

 

数々の受賞に輝くコダックのNX Advantageテクノロジーをベースにした新製品KODAK FLEXCEL NXシステム16もdrupa2016で初公開する。主な特徴として、「シングルプレートレイアウトでのマルチパターンに対応するNXタグ」そして「対象物のエッジ部分でインキ流量を調整してさらに鮮明な印刷、高精細のエッジを実現するコダックの特許技術、Advanced Edge Definitionを採用している。

 

Kodak_FlexcelNXSystem16

KODAK FLEXCEL NX System’16

 

コダックのブースにKODAK ULTRA NXの体験ルームを設置し、環境配慮型のプレートテクノロジーを紹介する。

次世代のインクジェットテクノロジープラットフォーム「KODAK ULTRASTREAM」も発表する。ULTRASTREAMはコダックのコンティニュアスStreamインクジェットテクノロジーによって、プロダクションインクジェットを商業印刷やパッケージ印刷の主流へと変貌させるプラットフォーム。
このほか次のような展示を行う。

KODAK PROSPER 6000Cプレス:インラインフィニッシングと一体化したライブデモを実施する。

Kodak_Prosper 6000C Commercial

KODAK PROSPER 6000Cプレス

 

Extended Gamut+Varnish(XGV)テクノロジー:ナローウェブで生産した軟包装フィルムを使用してデモを行う。
This is Inkjet! Loft:マンションの一室を模した展示ルームで、Streamでデジタル印刷したフローリングやキッチンカウンター、家具、壁紙、ハンドタオル、ペットボトルなどを展示する。

 

新製品KODAK NEXPRESS ZX3900デジタルプロダクションカラープレス:KODAK NEXPRESS SXプラットフォームの機能拡張版。

 

KODAK NexPress ZX3900

KODAK NEXPRESS ZX3900

 

KODAK NEXPRESSホワイトドライインキ:第5イメージングユニット用のインキ。
新製品「マルチカセットユニット、シングルカセットユニット、インラインパンチシステム」(KODAK TRENDSETTERプレートセッター/KODAK ACHIEVEプレートセッター用):コンパクトサイズのまま、従来よりも機能性と動作速度をアップした。

 

KODAK TRENDSETTER Platesetter_Semi-Automatic_with_Sonora plate

KODAK TRENDSETTER

 

コダックのジェフ・クラークCEO(最高経営責任者)は次のように述べている。
「コダックは今、商業印刷、パッケージ、出版各業界の第一線に立っている。コダックの製品は最先端技術の投入ならびに既存機能の強化を通して、印刷会社が現在そして将来に求めるものを提供し、印刷事業の拡張や印刷工程の能率化を支援している。コダックの社員一同、drupa2016で印刷会社を始めとする皆様にコダックのノウハウを紹介できることを楽しみにしている」

 

 

PAGE TOP