2016年03月09日

凸版印刷は、全日空商事と共同で、訪日外国人旅行者向け「取り置きサービス」を3月から販売開始する。

 

訪日外国人旅行者が、旅行前に日本の商品を予約し、訪日時に指定した店舗を訪問して、予約にもとづいて取り置きしてあった商品を購入できるサービス。英語、繁体字、簡体字で対応している。

 
買いたい商品を確実に購入できることで、訪日時の旅行者のショッピングを楽しく便利にする。「取り置きサービス」を利用して商品を販売する流通業、メーカーなどの参加企業は、消費意欲の高い個人旅行者へ、旅行前にアプローチできるとともに、事前に人気商品がわかることで、品揃えや在庫調整がしやすく、店舗業務の効率化が期待できる。また、訪日前にブランドや商品の認知を訴求することで、旅行者に、確実に来店してもらい、購買行動を促進することができる。

 

■「取り置きサービス」の流れ
訪日前の外国人旅行者は、ANA の現地媒体、2015 年11 月に全日空商事が開始した「ANA Experience Japan」や機内誌によって、ブランドや商品を認知して、訪日時に購入したい商品を取り置き予約する。 旅行者は、「取り置きサービス」に会員登録し、ログイン、サイトカタログを閲覧して、受取り店舗、受取り日時を指定して希望商品を予約。予約が完了すると、予約番号が発行される。旅行者は、訪日時に指定した店舗で予約番号を提示して、希望の商品を受取る。

 
特に、人気の商品は、店頭在庫が品薄になる場合も多く、課題となっていたが、事前に予約を行うことで、旅行者は、売り切れが心配な限定品、新製品も事前予約によって、確実に購入することができる。また、取り置き商品を受け取る店舗、来店日を指定して、確実な旅行計画を立案できる。

 
「取り置きサービス」を利用して商品を販売する流通業、メーカーは、旅行者が、訪日前にブランドや商品を認知して、商品を事前予約するので、販売実績の確保や、予約の反響による売れ筋商品を事前の把握などが可能になる。取り置き商品を受け取る店舗、来店日を指定することで、旅行者を確実に店に誘導し、来店後の購買増を促進する。

 

凸版印刷は、「取り置きサービス」のサービスの基盤となる受発注システムの構築と運用を担当するほか、参加企業への本サービスの営業拡販を担当する。

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP