2016年03月08日

CARD MATE Digica Rev.6

「CARD MATE Digica Rev.6」

㈱山櫻(本社・東京都中央区、市瀬豊和社長)は3月1日、小サイズ・名刺・はがきプリンター「CARD MATE Digica Rev.6」を発売した。

 

「CARD MATE Digica Rev.6」は、従来からの特徴であるオフセット印刷に近い印刷仕上がりに加え、給紙可能サイズが最小で幅40×長さ49㍉、最大で幅120×330㍉、厚さは0.15~0.75㍉となり、これまでは印刷できなかった小サイズや厚紙、長尺印刷も可能になった。

 

 

「CARD MATE Digica Rev.6」の主な特徴は次のとおり。

▽本格的な箔印刷機能

ホットスタンプ用ホイールをダイレクトに名刺やはがきに転写する機能を搭載した。

これにより年賀状などのホログラムや金箔・カラー箔の印刷を手軽に行うことができる。

 

▽シャープな印字品質

プリンタードライバの画像処理技術によりハーフトーン画像をより美しく表現する。

文字の細かい線だけを強調したり、ゴシックなどのつぶれを少なくするためのシャープネスなど、文字のエッジ処理を設定できる。

 

▽端面プリンターヘッドによる高品質な印字

はがきをはじめとする紙の表面が粗い用紙にも、鋭角なコーナーエッジヘッドによりインクリボンをしっかりと定着させる。

 

▽豊富なカラーバリエーション

インクリボンはブラック・グレーの文字カラーに加え、レッド・ブルーなどのロゴマークカラー10種類を用意。

また、ゴールド・シルバーといった特色のほか、箔プリント専用のメタリック箔4色もラインナップされる。
 
 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP