2016年03月08日

大日本印刷は、電子ペーパー世界大手のE Inkホールディングス(E Ink社)と協業し、セールスプロモーション分野およびセキュリティ分野での新製品開発と、日本および東南アジアを中心とするグローバル市場での販売を共同で進める。3月8日(火)から11日(金)まで東京ビッグサイトで開かれる「リテールテックJAPAN2016」のDNPブース(RT1206)で、同取組みを紹介する。

 

DNPとE Ink社は、目に優しく省電力なE Ink社の電子ペーパーを搭載したセールスプロモーション用製品やセキュリティ用製品を新しく共同開発し、DNPの販売網を通じて提供する。

 

また、DNPのディスプレーの表面処理技術や背面基板技術、ICカード製造技術と、E Ink社の電子ペーパー技術や電子ペーパーの色制御用ソフトウエアを組み合わせるなど、技術開発面でも相乗効果を発揮して、市場のニーズや環境に配慮した製品開発を進めていく。

 

例えば、E Ink社の電子ペーパーを搭載してアイキャッチ効果を高めた店頭POPや、残高表示が可能なICカードなどを開発・提供する。日本国内に加えて、東南アジアを中心にグローバル展開し、電子ペーパー事業の拡大を目指す。

 

 

【共同で開発する製品】

 

アイキャッチ効果の高い店頭POPなどのセールスプロモーション製品

生活者が商品情報に接する多様な情報メディアの中でも、商品購入時点で生活者に直接情報を提供できる店頭POPの効果が再評価されており、DNPは、E Ink社の電子ペーパー「PRISM(プリズム)」を搭載した店頭POPを開発、提供していく。PRISMは、柔らかな色彩とグラデーション表現を得意としており、表示する色や模様を変化させてアイキャッチ効果や意匠性を高め、生活者に強く商品情報を訴求。またPRISMは省電力で、電池で駆動できるため、店頭のどこにでも設置できる。
 
第1弾製品として、組み立てが簡単で省スペースで設置できる店頭POP「DNPかんたん組み立てPOP PaPaTPoPTM(ぱぱっとポップ)」シリーズにPRISMを搭載して2016年4月に発売。PRISMを搭載した店頭プロモーションツールは日本初。

 

表示機能付きICカードなどのセキュリティ製品

近年、各種会員証やポイントカード、電子マネーカードなどが増加するなかで、ポイントや金額の残高、チケットやクーポンなどの情報をカード上に表示し、利用促進につなげたいという企業のニーズも高まっている。DNPは、NFC対応の非接触ICカードにE Ink社の電子ペーパーを搭載し、これらの情報を表示できるようにした製品を2016年4月に発売する。電子ペーパーの表示内容は、ICカードがリーダーライターと通信する際にリーダーライターから供給される電力を使って書き換えるため、ICカードに電池を搭載する必要はない。
 
DNPは決済やポイント、クーポンやキャンペーン情報の提供などの多様なサービスをWallet(財布)に見立てたアプリで一元管理するモバイルWalletサービスや、これらの機能をネットワークを通じてスマートフォンに追加するサービスなども提供している。これらのサービスと、今回開発する電子ペーパー付きICカードを組み合わせて提供し、企業と顧客とのコミュニケーションの活性化を支援する。

 

 

○NFC(Near Field Communication)  近距離無線通信の国際標準規格

 
 

PAGE TOP