2016年03月02日

大日本印刷(DNP)の100%子会社で、美術関連のコンテンツビジネスを行うDNPアートコミュニケーションズは、彦根市立・彦根城博物館が所蔵する作品の画像データ貸出サービスを3月1日に開始した。

 

彦根城博物館は、江戸幕府の政治に重要な役割を果たした彦根藩主の井伊家に代々伝わった国宝の彦根屏風や大名道具、古文書を中心に、彦根の歴史・文化を伝える資料を収蔵・公開している。そのうち代表的な作品の高精細画像データ約680点の貸出からスタートし、利用者の要望に応じて取扱い点数を随時増やしていく。

 
 

企業-関連の記事

PAGE TOP