2016年03月01日

ProJet MJP5500X

ProJet MJP5500X

キヤノンマーケティングジャパン㈱(本社・東京都港区、坂田正弘社長) は、米国・3D SYSTEMS社製のマルチジェット3Dプリンター新モデル「ProJet MJP3600/3600Max」および「ProJet MJP5500X」 の販売を3月上旬から開始する。

 

「ProJet MJP3600」シリーズは、高速で高精細な造形が可能で、試作や鋳造、最終製品として活用でき、高い生産性を実現する。

一方の「ProJet MJP5500X」はプロフェッショナルモデルの最上位機種で、従来モデル同様に大型の造形が可能でマルチマテリアルに対応する。

 

「ProJet MJP3600」シリーズは、プリントヘッドの改良により従来シリーズに比べ約2倍の高速生産性と約2・5倍の大容量データ処理を実現し、高速で高解像度の出力が可能となった。

また、このシリーズに対応する「VisiJet M3プラスチック材料シリーズ」は、精細で耐熱性に優れ、かつ柔軟性のある透明な素材で、水や油などの流体の可視化や設計検証に加え、スナップフィットアセンブリも可能。

 

「ProJet MJP5500X」は、制御ソフトの大幅な改良により積層ピッチの高精細化とプリント速度の高速化を実現した。

また、伸縮性に優れ、靭性の高い「新エラストマー素材(VisiJet CE-BK&CE-NT)」の販売も開始。

従来のマルチマテリアルに加え、約6・5倍の伸縮率の新エラストマー素材にも対応することで幅広い用途に活用することができる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP