2016年02月24日

サンメッセは、2016年2月24日、東京 ・虎ノ門ヒルズフォーラムで開催される日本初開催の「サステナブル・ブランド国際会議」(博展主催)に後援する。

 

 

同会は、世界初の持続可能性をテーマとしたグローバルコミュニティの構築を目指す国際会議で、2006年に米国カリフォルニア州で始まり、英国、スペイン、デンマーク、オーストラリア、ブラジルなど11か国で開催されているもの。このほど、いよいよ日本初となる「サステナブル・ブランド国際会議2016 東京シンポジウム」が開催される運びとなる。

 

 

「CSRとブランディングの統合/社会課題の解決とビジネスの融合」をメインテーマに、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン代表理事の有馬利男氏(元富士ゼロックス社長)による特別講演をはじめ、サステナブル・ブランドの米国関係者の基調講演のほか、日本で事業を行う企業の先進的な取り組み事例を知ることができるシンポジウム。

 

 

参加対象は、企業の経営層、IRやCSR部門をはじめ、ブランド戦略部門、マーケティング部門、人事管理部門、サプライチェーン・調達部門などのマネジメントおよび担当者、NPO/NGO関係者、学生など幅広い参加層を想定。

 

サンメッセは、同会の後援企業として、顧客へより一層の支援ならびに課題解決のサポートを担い、より質の高い情報の提供に努める。

 

 

タグ: >

PAGE TOP