2016年02月24日

「ColorEdge CG2420」

「ColorEdge CG2420」

EIZO㈱(本社・石川県白山市、実盛祥隆社長)は、24.1型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG2420」「ColorEdge CS2420」の2機種を2月25日から発売する。

 

「ColorEdge CG2420」は、プロフォト、デザイン、印刷などのグラフィックス業務を行う法人を対象に、「ColorEdge CS2420」は写真やイラストを楽しむユーザーを対象に、高い表示性能と使いやすさを追求した液晶モニター。

両モデルの共通機能として、Adobe RGBを99%カバーする広色域、滑らかな階調表現、表示ムラを抑えた均一な表示などの正確な画面表示を実現する機能に加え、従来機種から使いやすさを向上させている。

具体的には筐体のデザインを一新し、撮影などの持ち運びに便利な筐体の軽量化と背面の持ち手ハンドル装備に加え、筐体ベゼル(画面の額縁)幅を左右で従来機種比39%スリム化し、視界を妨げないデザインを実現している。

また、USB3・0規格のハブを抜き差ししやすい側面に3つ装備し、うち1つはスマートフォンなどの急速充電に対応している。

 

「ColorEdge CG2420」は、従来機種よりも小型化したキャリブレーションセンサーを筐体上部に内蔵したプロフェッショナルモデル。

付属の専用ソフト「ColorNavigator6」を使って、用途に応じた表示に手間なくキャリブレーションできる。

さらに、引き締まった黒色を再現する1500:1の高コントラスト比や、表示安定までの時間をわずか3分に短縮したこと、組み立て不要でワンタッチで取付けできる遮光フードを付属していることが従来機種からの進化ポイントとなる。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP