2016年01月20日

田口薫会長

田口薫会長

全国グラビア協同組合連合会(田口薫会長)と関東グラビア協同組合(田口薫理事長)、関東プラスチック印刷協同組合(大月正雄理事長)は、1月15日午後3時半から東京・千代田区のホテルニューオータニで新年賀詞交歓会を開催し、組合員・関連業者など200人を集めた。

 
会は田口会長の年頭あいさつで始まり、その中で田口会長は「新年が明けていろいろなことが起こっている。成長期は安売りし拡大してもペイをしたのだが、現在は労働安全コスト、環境コストなどいろいろあり、2020年の東京オリンピックも逆風になりかねない。もっと稼ぐ力を身に付けないとやっていけない。価格競争をしている時は社員を幸せにはできないとある学者が言っている。今回の原油安のメリットを大切にし、生産現場の整備をやっていかねばならない。そして景気を浮上させ、追い風を利用しなければならない。新しいニーズを掘り起こし、商品を展開する努力も必要だ。一丸となって業界の地位向上を図っていくので今後ともよろしくご支援ご鞭撻をお願いしたい」と述べた。

 
来賓祝辞は、海江田万里民主党顧問、平井淳生経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業課課長、高橋弘二印刷インキ工業会会長が行い、堀口宗男日本印刷産業連合会専務理事の乾杯の発声で開宴した。

 

 

PAGE TOP