2016年02月22日

ハイデルベルグ社は2月18・19の両日、世界中の主要印刷専門紙・誌の記者を集め、ドイツ・ハイデルベルク市内の同社Print Media Academyで記者会見し、drupa2016での出展概要および同展で披露する新製品について発表した。

 

リンツバッハCEO

リンツバッハCEO

会見の冒頭、あいさつに立った同社のゲーロルト・リンツバッハCEOは「世界中の印刷会社が望むこととして、柔軟な生産環境、スムーズな操作・稼働性、パフォーマンスの向上、業務の統合化、良い材料の選択といったことが挙げられる。そこで当社は、世界の印刷会社のニーズに応えるべく戦略を見直し、装置・消耗品・サービスという3つを事業の核とする。We are more than machines.という考えの下、これまでは機械・装置の提供を中心とする会社だったが、機械だけにとどまらない価値の提供をし、デジタル化された世界“インダストリー4.0”への道を示す」と述べた。

 

drupa2016で同社は「Simply Smart」というテーマの下、▽Smart Services、▽Smart Collaboration、▽Smart Print Shop--という3つの側面から提案。

同社およびパートナー会社でホール1全体のスペースを占めて出展する。

また同展開催中に同社ウィスロッホ工場でも展示会を開催し、商業印刷およびパッケージ印刷向けの各種機器・ソリューションを披露する。

 

 

drupa2016で発表される主な枚葉オフセット印刷機関連の製品は次のとおり。

Prinect Press Center XL2

「Prinect Press Center XL2」

▽Prinect Press Center XL2

簡単で統合されたワークフローを実現できる印刷機コンソール。

スマートフォンなどと同様の指先の動きで操作でき、より直感的な操作性となっている。

ウォールスクリーンのカスタマイズができる上、たとえば印刷する絵柄の中で難易度が高い部分を示す機能などもついた。

 

▽Prinect Inpress Control2

印刷機内で全印刷物の色調および見当を計測し、自動調整する機能。

新しい機能として白インキの計測も可能となる。(Prinect Image Control3にも同機能を搭載)

 

▽スピードマスターXL75 アニカラー2 (ウィスロッホ工場での展示)

洗浄スピードを速める機能により、いっそう迅速なインキ替えができるようになった。

また、アニロックスローラーを変えずに印刷中でも濃度を変えられる機能も搭載した。

 

スピードマスターCX102-5+L

「スピードマスターCX102-5+L」

▽スピードマスターXL106-6+LYYL

菊全寸延び判6色ダブルコーター付モデル

 

▽スピードマスターXL106-8-P LED

菊全寸延び判両面兼用8色機にドライスターLED(UV-LED乾燥装置)を搭載したモデル

 

▽スピードマスターCX102-5+L

菊全判5色コーター付モデルにPrinect Inpress Control2やドライスターLEDを搭載

 

 

 

PAGE TOP