2016年02月08日

中村耀会長

中村耀会長

東京グラフィックサービス工業会(中村耀会長・NS印刷製本(株)会長)は1月15日、東京・文京区の椿山荘で「2016年新春賀詞交歓会」を開催した。来賓、関連業者、同会役員・会員など220人が参加し、新年のあいさつを交わした。

 
賀詞交歓会は同会共済会の井上冨美子常任幹事の司会進行で始まり、中村会長が主催者あいさつに立った。その中で、「昨年は6月に一般社団法人日本グラフィックサービス工業会の創立60周年を記念する文化典を当会が主管し、成功を収めることができた。今年は、1億総活躍社会の実現を下支えするためのワーク・ライフバランス推進や個人情報保護団体としての事業、さらにはこのたび都知事賞を頂けることになったビジネスアイデアコンテスト、東京都中小企業団体中央会の補助を受けての“印刷読本ナンバー2”の発刊準備をしている。そのほか、研究会の活動を通じて、会員各社の営業力強化に繋がる情報を発信していき、公益性の追求と会員企業の経営力強化、そして組織強化にいっそう力を入れていく」と、今年の会運営への意気込みを表した。

 
来賓を代表して、東京都産業労働局商工部経営支援課の片山和也課長、一般社団法人日本グラフィックサービス工業会の吉岡新会長、一般社団法人日本印刷産業連合会の福島薫常務理事から祝辞があった。

 
来賓紹介ののち来賓、協賛企業代表らによる鏡開き、日本印刷機材協議会の幅和弘会長の発声で乾杯し開宴した。

 

 

PAGE TOP